社会福祉法人の新会計基準の内容を説明し、新会計基準への移行をアドバイスします。

財産目録

財産目録

旧基準では計算書類であった財産目録は、新会計基準においては財務諸表からは外れたものの従来通り作成することとなる。

財産目録は、貸借対照表を組み替えて作成するので、貸借対照表の純資産の部合計と財産目録の差引純資産は必ず一致する。

財産目録は、法人全体で1つ作成する。

様式は、別紙5の通りです。
財産目録







新会計基準への移行に関する、ご相談又はご依頼はこちらからお願いします。
画像の説明

a:18288 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional